TOP > IR情報 > トップメッセージ

株価・企業情報
日本物流ネットワーク協力会

トップメッセージ

代表取締役社長 若山 良孝

私たちは総合物流企業として物を安全・確実に運ぶことを使命とし、経済・社会の発展に貢献します。

基本理念

私たちは総合物流企業として物を安全・確実に運ぶことを使命とし、経済・社会の発展に貢献する

経営方針

  1. 創意工夫に努め、自ら未来を創造する
  2. 現場第一に徹し、新たな価値を創造する
  3. 挑戦する気概を尊重し、人材育成に力を注ぎ、夢と誇りある企業創りを目指す

当期の取り組みと業績について

3PL事業を柱とした積極的な輸送提案と同時に、非効率・不採算拠点の見直しを行い、経営体質の強化を図りました

株主の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスが猛威を振るい、予断を許さない状況が続いております。感染症に罹患された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復をお祈り申し上げます。
ここに第108期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の業況をご報告申し上げます。

当社の主力事業であります貨物自動車運送業界におきましては、コロナ禍に起因する働き方やライフスタイルの変化に伴い、通販需要の拡大で小型車による宅配貨物の輸送量は大幅に増加し、回復基調は見られたものの、大型トラックによる一般貨物輸送につきましては、経済活動全般の停滞と需要低迷により、国内貨物輸送量の減少傾向が続き、極めて厳しい経営環境となりました。
このような環境のもと、当社では、従業員とその家族の健康維持を最優先として感染予防・感染拡大防止の取り組みを継続し、状況に応じた対策を講じながら、3PL事業(物流の一括受注)を柱とした積極的な輸送提案により、収益基盤の改善に注力し、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に取り組んでまいりました。また、非効率・不採算拠点の見直しを早急に推し進め、保有資産の最適利用と経営体質の強化を図ってまいりました。
以上の結果、当事業年度の売上高は105億7千3百万円(前年同期比16.1%減)、営業利益6億2千9百万円(前年同期比3.5%減)、経常利益7億5千5百万円(前年同期比10.4%増)、当期純利益は、第4四半期会計期間において不採算営業所の閉鎖により、減損損失1億6千7百万円を計上いたしましたので、4億1千3百万円(前年同期比6.3%減)となりました。

今後も次なる成長ステージを目指すため、引き続き提案型営業を推進するとともに、より迅速・柔軟に対応できる体制の構築の実現に向け、スピード感のある取り組みを展開してまいります。

株主の皆さまにおかれましては、何卒今後とも一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長

若山 良孝